スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

派手派手~

2010/02/04 Thu 00:11

同じアジアなのに、こうも色遣いが違うものなのかと新鮮な驚きでした。

ここはレパルスベイという香港屈指の高級住宅街で風水的に最高の立地なのだとか。
そこにあるド派手な天后廟
逕サ蜒・061_convert_20100203132238 逕サ蜒・062_convert_20100203224124
逕サ蜒・064_convert_20100203224357  逕サ蜒・071_convert_20100203224228
色遣いがあまりに派手派手しくて、個人的にはハリボテのようで有難みを感じませんが
こういうものを見慣れた中国の方が、京都などを旅行するとどう感じるのでしょうか?

逕サ蜒・065_convert_20100203224729 

逕サ蜒・030_convert_20100203131400  ショッピングモールに続く階段の装飾。
こういうのは派手だけど可愛らしくて好きです。

逕サ蜒・031_convert_20100203131447    人形の顔がちょっと怖い。
逕サ蜒・041_convert_20100203131643  ピーク・トラムに乗って

逕サ蜒・049_convert_20100203131737  香港観光の定番ビクトリア・ピークへ。
ここから100万ドルの夜景が見える筈ですが、あいにくの霧のため日中にも関わらずあまり見えません。

逕サ蜒・048_convert_20100203222700  向こうに高層ビル群がうっすらと。。。

逕サ蜒・084_convert_20100203222747  わざわざ高い所に行かなくても、これで十分かな。

                       

逕サ蜒・017_convert_20100203131314  イルミネーションもド派手です。
旧正月前なので、左は「恭賀新禧」右側はサンタクロースのモチーフ

逕サ蜒・057_convert_20100203132142   こんなところにも「恭賀新禧」の文字が。


逕サ蜒・019_convert_20100203222606   100万ドルの夜景を求めて観光客がわんさか。

逕サ蜒・026_convert_20100202144546


逕サ蜒・102_convert_20100203222831  帰国直前、やっと青空が見えました。
曇天続きでしたが、雨に降られなかったのは何よりでした。
スポンサーサイト
2010香港 | コメント(6) | トラックバック(0)

B級グルメ

2010/02/03 Wed 14:05

夫の体調のことや、行こうと思った店が長蛇の列であえなく断念とか、

色んな偶然が重なって思うようなグルメ旅は出来ませんでしたが

食べたかった海老ワンタンやピータンのお粥、飲茶にエッグタルトといった

定番どころはなんとか押さえることができたのでヨシとしましょう

逕サ蜒・105_convert_20100202223922  泰昌餅家で購入したエッグタルト

焼き上がるまで2分待て、と言われて二人で素直に待ちました。
お持ち帰りして、ビクトリア・ハーバー沿いのベンチに座って香港島を眺めながら食べました。
黄色い部分はプルプルのプリンのような食感で周りはサクサク。美味しかったです。

テイクアウトの画像ばかりでつまりませんねー
レストラン内では容易にカメラを出せない私です。


逕サ蜒・036_convert_20100202223830

こちらは2日目の朝食。

夫が絶不調のため、ホテル近くのコンビニへ買いに行きました。
夫にはヨーグルトジュースを購入。


香港B級グルメの代表格、とある茶餐廳(チャーチャンテン)の朝食のメニュー表です。
逕サ蜒・097_convert_20100203133126

チャーチャンテンとは、日本で言う定食屋とファミレスと喫茶店を一緒くたにしたような店の形態で
粥に麺類、ご飯はもちろんスパゲッティにマカロニ、トーストなんてのもメニューにあってお値段は激安。
こんな店が至る所にあるのですから、香港人の食事は外食が基本というライフスタイルも納得です。


ちなみに「火腿煎蛋飯」は「ハムエッグのせご飯」のことで朝の定番の一品だそうです。
後でチェックした地球の歩き方に載ってました。

その場では、全く解読不能でした。
次回はもう少し勉強して再チャレンジしたいですね。






2010香港 | コメント(4) | トラックバック(0)
行ってきました~

これで当分旅行の予定はありません。

寂しいようなホッとしたような。。。。。



さて、香港旅行。

私の菌が移ったのか、今度は夫がノロウィルスにやられたようです。

旅行の前日から調子を崩し

出発当日、朝食を欠かさない夫のために作ったおにぎりにも一切手を出さず

機内食も、ご飯を大量に残すありさまでした。

嘔吐はなく、何とか最低限の食事は出来たのが幸いではありましたが、

旅行中なのにかわいそうでした。

体調万全な私がせめて美味しく楽しく頂けば、彼も少しは気が晴れるかなと思い、

白ワインをおかわりして、食事もペロリと完食致しました。

逕サ蜒・012_convert_20100202143421  (キャセイの機内食はイマイチかな・・・)


到着後も予定をかなり変更して行動したのでB級グルメを堪能したとまでは言えませんが、

とにかく私はおいしいおいしいと言いながら、頑張って食べました。

頑張り過ぎてまたもや肥えました

逕サ蜒・026_convert_20100202144546

初日の夜、夫が早々に横になったので、この夜景を一人で見に行きました!
2010香港 | コメント(8) | トラックバック(0)

ノロウィルスと香港旅行

2010/01/28 Thu 10:35

先日ノロウィルスにかかりました

***

日曜の晩、就寝間近に胃に原因不明の不快感を覚えました。

どうしようもないので無理やり横になって眠ろうとしましたがなかなか眠れず・・・・

それから数時間後

突然猛烈な吐き気に襲われ、急いで飛び起きました。

嘔吐なんて、生まれてこのかた幾度もないことなのでとても驚きました。

翌日、お昼過ぎにおそるおそるトーストを一枚、おいしく頂け一安心。

ところが夕方になるとまた前日と同じ気持ち悪さを感じ、

このままだと金曜から美味しいものを食べられなくなるかも!

不安にかられ行きつけの近所の病院に駆け込みました


先生一言、「ノロウィルスですね。」

「ええー!何ですか、それ?」

「知らない?あ、そ。よくあるんですよ~。」

「あのー、金曜から旅行に行くので美味しいものを食べる予定なんですが・・・」

「いいんじゃないですか~ どんどん食べちゃって下さい。」

「だってあの、痛くなったら大変だと・・・・・」

「あと一日、遅くても二日で治りますから、大丈夫ですよお~



40代半ばと思われるこの先生。

待合室にはいつもLEONの最新号があって、

”ニキータをいちころにするテク”だとか ”運動後に寝ている彼女を覗き込み、流れ落ちた汗に彼女が微笑む(注:さりげなく1滴)” とかとか パンチェッタ・ジローラモ氏がかっこつけながらモデルとしておやじ指南しているページだとか  とっても楽しい話題満載の雑誌を愛読されているようです。

夏場は白衣に白のクロックスで決めておられます。
(しかも裸足!石田○一のような革靴でないので問題なし。が、白衣姿には靴下を履かれた方がお似合いだと助言したい)




話が脱線しましたが・・・・・

原因は、二日前の夜に食べた生牡蠣の握り寿司と思われます。

二日も前の話ですが、ノロウィルスの原因に一致すると思われるのはこれだけで

帰り間際に食い意地を張って注文した最後のひと皿が悔やまれます。

*****


結局、処方された薬を一日飲んだだけですっかり全快です


明日から香港に行ってきます。
9時台発の成田便なので、都内の自宅からは朝4時前に起床しなければなりません。
そこから二泊三日して日曜の夜帰国、わりと気ままなのんびり旅行が多い私達なのでものすごい弾丸ツアーに感じますが、アジアは気楽に行けて良いです。これからはまるかも^^そういえば、ほんとは木曜夜発の羽田便に搭乗したかったのですが、既に満席でした。
夫は金曜日一日だけお休みを取ります。
本格中華ならぬ、やすうまB級グルメを狙ってます
今日は出来るだけ早く横になって明日に備えます。
行ってきまーす

2010香港 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。