スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
養命酒の会社が作った「ハーブの恵み」を買ってみました。
画像 019

養命酒はまだ飲んだことはないけれど、どうせ飲むなら身体にいいお酒♪

なんて欲張りなことを思ったのと、

ナイトキャップにもお勧めとあったので、おおっ♪と思った次第(^^;



画像 022


飲んだら途端にポカポカしてきた・・・なんて方もいるようで、

大いに期待しておりました。

ストレートでは強くてとても飲めない・・・

独特の癖があるので、水やお湯と一対一で割るのがお勧め。

と言った声も多いようで。











わりとリキュール系を飲み慣れてるいる私としましては、

度数に比べて、甘さが際立つところが気になりました。

慣れてない方には味も香りも強烈に感じられ、充分リキュールらしいお酒なのかもしれません。

でもこれ、アルコール度数13度ですわよ。ワインと変わりませんわ(-。-;)

ポカポカな効能も残念ながら感じず(^^;







次はウニクム↓(ハンガリーの薬用酒と言われる)  とか
20080610120641_img1_98.jpg     (画像はお借りしてます)

イエガーマイスター↓(ドイツのそれっぽいお酒)   あたりを頂いてみようかと思っとります。
YJME.jpg    (画像はお借りしてます)



どなたか素敵な薬用酒をご存知でしたらご一報を♪
スポンサーサイト
お酒あれこれ | コメント(12) | トラックバック(0)
再び、酒ネタで恐縮です(^^;

自家栽培した青紫蘇を、
たーっぷり使って紫蘇焼酎を仕込んだのが7月半ば。   詳しくはこちらで

梅酒や他の仕込酒と違って、出来上がりに半年はかかるとあったので
仕上がりも試飲もまだまだ先の話だと思っていたのですが

どうやら張り切って投入した青紫蘇の量が膨大だったせいか、

アルコールで変色した紫蘇がどっちゃり入ってます↓
画像 795
仕込みから3ヶ月ほどで、いかにもアルコール的なツンとしたいやな匂いから
甘さを伴う良い香りに変わりました。


画像 799

無色透明のホワイトリカーが、黄金色に色づきました^^
市販の紫蘇焼酎は無色透明ですが、
天然ものはこんな色になるんですね~、驚きです。

度数は相当濃いので、氷をたっぷり注いで頂きます。
画像 802

でもね、梅酒と違ってまともなレシピもない上に、
テキトーでなんとかなる!がポリシーの私だから、
後から紫蘇や氷砂糖やホワイトリカーを何度も追加投入し・・・^^;
氷砂糖の加減もわからなくて、適当に投入してたらかなり甘めの仕上がりに。

旦那は「香りはいいけど、甘過ぎっ。オレはいらない。」そうでございますよ。

ふん( ̄・・ ̄)



まあ、確かに甘すぎですわ。
口当たりが良過ぎて危険な予感

しかも、仕込み用アルコール35度の3800ml全部使いましたから、
市販の紫蘇焼酎たんかたん(↓一瓶720mlアルコール度数20度)に換算すると5本分以上。
こーんな感じ?
P8070002-1.jpgP8070002-1.jpgP8070002-1.jpgP8070002-1.jpgP8070002-1.jpg
しかもうちの自家製はアルコール度数が明らかに高いから、あと2-3本はある計算になるかしら?


秋の夜長にチビチビ頂くことにしますわ・・・(*`∇´*)ふひょひょ





お酒あれこれ | コメント(14) | トラックバック(0)

ギリシアのお酒「ウゾ」

2010/11/17 Wed 00:42

酒ネタでーす(笑)
画像 784
アニス系のお酒、第三弾はギリシアのウゾです。

第一弾がこちら フランスのパスティス
第二弾は トルコのラク です。

薬草の独特の香りと味で、はまるとはまる、魅惑の酒でありますが
日本人にはあまり好まれない香りと味なんだそうです。(例のアブサンもこの一種デス)

ワタクシ、アニス系のお酒~と、何度もうだうだ申しておりますが、
何それ?的な方も多かろうと存じます(^^;




こちらのお酒もパスティスやラク同様、水を加えると白濁するのが特徴です。
(ちなみに、透明な状態のアルコール度数は40度)

味的には他のアニス系に比べて薄っぺらいというか、コクがないというか
価格通りと言いますか^^;

日本での販売価格が、ウゾは他に比べて思いっきりお安いのですよ。
店にもよりますが、よほどのことがない限りは一瓶1500円以下でget出来るかと。
他のアニス系は倍近く、あるいはそれ以上しますから、成分の違いなどもあるのかもしれません。

大体、このウゾというお酒はギリシアの大衆酒だそうで、
日本で言うところの甲類焼酎みたいなものと考えれば、それも納得でしょうか。
お酒あれこれ | コメント(8) | トラックバック(0)

トルコのお酒「ラク」

2010/10/19 Tue 16:23

画像 150

先日ご紹介したパスティス同様、独特の芳香を放つアニス系のお酒、トルコの「ラク」です。

アルコール度数40度の透明なお酒ですが、水を加えることで白濁します。

日本じゃトルコ料理専門店でもない限り、目にすることもないからと、

イスタンブールの免税店で購入したものを大事に大事に飲んでおりました。

(大事に飲んでたは主に夫です。大事に運んできた夫は私にちょびっとしかくれませんでした(;¬_¬)

ところが、楽天で検索したらありました ( ̄  ̄!)    こちら(楽天のお店に飛びます)

いやはや、何でもありますねえ。



お酒あれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)

アニスのお酒、パスティス

2010/09/14 Tue 01:26

最近、夫婦でアニス系のお酒に どはまり中でございます ( ̄m ̄*)

まずはこれ 「リカール」

アルコール度数45度( ̄  ̄!)

もちろん、水で薄めて頂きます。

画像 778  琥珀色の液体に水を注ぐと
画像 779  このように白濁するのが最大の特徴です。


「パスティス」とは・・・幻覚や中毒作用が認められた「アブサン」の代替品として生み出されたお酒で、
アニスやリコリスといった香草を使った独特の芳香を放つリキュール。
アルコール度数は40度以上と高く、水を加えると精油成分が反応して白濁する。
(興味を持たれた方は、詳しくはこちらで





味は、歯磨き粉みたい(?!)だとか表現されることが多いようです。

歯磨き粉はないよなーと思いますが、他の表現方法も思いつかず^^;

とにかく日本人にはあまり好まれないタイプのお酒と言われておりますが、

なぜか私たち夫婦は一口飲んだその時から、大のお気に入りになったのでした(*^m^*)

食事全般の好みは残念ながら夫と異なることも多いのですが、

アルコールに関しては、わりと似ておりますですね( ̄m ̄*)





飲み過ぎ注意。ウコンにしじみ、意識的に摂取するよう努めております。



お酒あれこれ | コメント(10) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。