スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
コンデジで撮りまくったお気に入りの画像達です。

ええ、完璧に自己満足の世界に陶酔しております~(≧∇≦)/ ひゃはは

季節外れな話ではございますが、せめて11月なのに温かい今のうちに、凍える前に

ピーカン画像の大放出!!!

Image.jpg

ビーチのデッキチェアで寝転んでいたら、頭上に飛行機が(@^o^)/

これは絶対絵になる!と意気込んで撮りましたよ^^

Image4.jpg

ビーチでは時間を経つのも忘れ、まどろんでおりました・・・・・・・・・

・・・なーんて素敵大人発言をしたいところですが(爆)

実際は、いい年して浮き輪でプカプカ浮いてはしゃいでおりました。

しかも↑左の緑色のは300円、青色に水玉模様の浮き輪は100円ショップで購入したもの!
6月の旅行の際に、浮き輪があれば楽しさ倍増!なことに気づき、お安くゲットしておりました。
お子様の溢れる夏休みシーズンを外したおかげで(←ここ、物凄く重要かもしれない)
大人が浮き輪・・・と白い目で見られることもなく(笑)

ええ、宮古島で長々と何をやっていたかというと、観光でも食事でもなく、
海でぷかぷかちゃぷちゃぷしておりまして、それはそれは楽しかったです^^

おかげで頭頂部が日焼けし、シャンプーがヒリヒリ痛かった(><)



Image2.jpg

こちらは↑↓以前の記事でもアップした画像ですが、さらにボラ風写真に仕上げてみました。

Image5_20111103231305.jpg


このポワンポワンとした雲の感じ↓が好きで^^
画像 135-1


沖縄の海、万歳!
画像 138-1

たまには夕陽を撮ることも。
画像 152-1

こちらは部屋から撮った夕陽。
まるで、ギリシア神話のオリンポスの神々が降り立ってきそうじゃない?!・・・・そういえばギリシア、今大変ね(^_^;
画像 038-1

これも部屋からちょいと角度を変えて、昼間の景色~
画像 049-1

私の好きな雲の感じ(≧∇≦)/
画像 214-1

画像修正してないのに、青の濃さが半端なくて^^
画像 071-1

絵の具の水色みたいな波の色を撮りたくて、何枚も撮ってやっと撮れた一枚↓
画像 092-1









さらにおまけで、6月に行った画像から     (* ̄∇ ̄*)エヘヘ


上の画像に見える↑東平安名崎の灯台から見た景色~
Image2_20111104135742.jpg

楽しかったパラセイリング♪
Image5_20111104135742.jpg

船上からエメラルドグリーンの海を臨み
Image7.jpg

泳いでます^^
Image6.jpg

やっぱり最後はこの画かな♪
画像補正なしでこの色が出るってすごいね。
Image1.jpg


いやー、「ブログにアップする♪」という行為のおかげで、
とっくに終わった旅を、いつまでもしつこく楽しんで参りました(爆)

自己満足な記事に最後まで目を通して頂きありがとうございました。

画像 128-1

画像 180-1

スポンサーサイト
2011沖縄・宮古島 9月 | コメント(12) | トラックバック(0)

ユートピアファーム

2011/11/02 Wed 19:22

美しいブーゲンビリアやハイビスカスで溢れる熱帯園を見学

あーんど

美味しいソフトクリームを堪能出来る!



という「ユートピアファーム宮古島」さんへ行ってまいりました。


いつまで引っ張る宮古島(爆)
季節外れのピーカンな青空記事で恐縮です。

一週間近くおりましたので、それなりにネタも豊富なんでございます。
自分の備忘録として、記事にあげておきたいんですの。。。
またいつ行くかもわかりませんしね・・・


画像 253-1  アットホームな店構え(=´∇`=)

後で知ったのですが、ここは殆どの客がソフトクリームを食べに「だけ」立ち寄るそうです。

熱帯園の見学は意外と時間がかかりますし、花などに興味が無ければ退屈かも(笑)

でも、美しいもの好き♪の私はかなり楽しめましたよ( ̄m ̄*)

画像 254-1 画像 257-1

画像 255-1 画像 256-1

↑左はマンゴー、右はバナナね^^

まだ青いけど、こういうの初めて見たので感激(≧∇≦)/




こちらはハイビスカスゾーン♪
2011-10宮古島

綺麗でしょ^^

沢山のハイビスカスを見ていたら、

ハワイのアロハシャツやムームーが頭に浮かんできました。

本当は、さらにもっと色んな種類があったのですが、

私が一つ一つじっくり堪能していたので、

途中からさすがに夫がしびれを切らしたようで   (そりゃそうだろなと思いますデス、ははは)

後半は足早に。。。

画像 279-1←イングリッシュガーデンぽくない?!(≧∇≦)/

画像 280-1 画像 281-1

この花、一つの枝からピンクと白の花が咲いていて不思議だなあ・・・と思っていたら、

こんな説明がありました↓
画像 282-1


さて、熱帯園の見学を終え、お楽しみのデザートです♪

画像 285-1   画像 287-1


この紅芋アイスが、私的には絶品でした(≧∇≦)/     ビジュアル的には非常に地味ですが

その場で紅イモとソフトクリームをガーと混ぜて作ってくれるのですが、

紅芋の繊維が、固まりな感じが残っていて、ほっこりと美味しかったです。

右は夫が頼んだマンゴースムージー。

やはりその場でマンゴーと氷を撹拌して作ってくれます。

私としては、マンゴーなら素直にマンゴーソフトクリームの方が美味しそう・・・

と思いましたが、夫はとても満足した様子でしたので良かったです。



もっとずっとお洒落で、ガイドブックにも載りまくっている有名お洒落カフェにも一応足を運んでみたのですが、店内はそこだけ別世界のような混雑状態で、はっきり言ってうんざり。食べずに、早々に立ち去りました。南国のカフェは大人気のようですが、そこそこお値段もしますし、お洒落で美味しいカフェなら東京に腐るほどあるしぃ、などと思い、あまり興味が湧かない私です(笑)




ブログを通して仲良くして頂いてるうりさん(キレイナココロ) が、
ボラ風写真が簡単に出来るサイトを紹介されていました。   → Photo Notes

こういうの、わりと好きなので早速やってみました^^

Image3.jpg

既に上で紹介している一枚を使いましたが、こんな風にするとぐっと雰囲気が出ますね。







2011沖縄・宮古島 9月 | コメント(8) | トラックバック(0)
うえのドイツ文化村とは・・・

うえのドイツ文化村は、明治時代に宮国の住民がドイツの難破船を救助したゆかりの地に建つテーマパークです。ドイツ文化と宮古島の美しい自然が満喫できます。石畳の園内には、芝生博愛広場や海岸沿いを散策できる遊歩道のほか、ドイツのマルクスブルグ城を再現した記念館やドイツメルヘンの世界をテーマにしたキンダーハウス、プール(4~8月)、水中展望船などがあり一日中楽しめます。



ということで、宮古島最大のテーマパークだそうです


すみませーん、季節外れの宮古島話が続きます(^^;
備忘録的自己満足記事ですので、ご容赦くださいませ~ 



画像 222-1

作りは微妙な感じだけれど、こんな建物が沖縄の宮古島にあるってことが凄いわね^^

画像 225-1

2000年の沖縄サミットの際に、ここにドイツの元シュレーダー首相が訪れたんですって。

画像 232 画像 233-1

宮古島らしい景色の中を先へ進んでいくと、

島を移動中、遠くから何度も目にしたヨーロピアンな建物が。

画像 218-1

↑右の電信柱の足元付近に見えるちーちゃな人影は、例のみやこまもる君です^^
ドイツ村の中に足を踏み入れたことがある人は多くないと思うけど、この景色を見る人は多いハズ

そして、さらに近付くと

画像 235-1

一体何の建物?博物館とか?

でも、何か様子がおかしい。。。

人の気配がまるでしないのです。

画像 240-1

ドアも固く閉まってました。

元はホテルか何か? だけどどう見ても、もう長い間閉鎖されてる様子。
パッと見こんなに綺麗なのに、よく見ると内部は蜘蛛の巣だらけみたいな感じ・・・

立派な建物だけに、かえって物悲しさというか、廃墟となったわびしさを強く感じました。





最初の画像からここまで、人が誰も映ってないことにお気づきでしょうか。
ええ、本当に誰もいなかったんです!
私達がここに入場して帰るまでの間に出会ったのは、わずか一組の観光客だけ。
「テーマパーク」の従業員にさえ会わずじまい。
(エントランス付近の事務所にも人影がなく、入場料は無料です。)
お城の中はドイツの何かの展示があり、入場出来るようなのできっと誰かがいると思われますが、興味が湧かず入りませんでした。ショップのようなところもあったので、奥に入れば誰かいたハズですが、とてもそんな気になれず(^_^;

もしかしてもしかして、
例えばお役所が交付金利用して作ったけど、維持費ばかりかかるハコモノを作って赤字続きで閉鎖したとか?
本当のところはわかりませんが、そんな想像をかきたてる、
廃墟の様なテーマパークで、少し不気味でした。



宿泊したホテルのアクティビティ係の女性に、「ここに行って面白い?」と聞いたら
「あー、そこは面白くない」と申し訳なさそうな顔で即答されてたんです(笑)
でも、ま、結構時間があり余っていたので行っちゃいました。ある意味、興味深かったからOkです^^





2011沖縄・宮古島 9月 | コメント(12) | トラックバック(0)

金色のさなぎに仰天する!

2011/10/20 Thu 12:29

宮古島話に舞い戻りまーす。   恐縮でーす(^_^;




旅の間、ほぼ毎日海でのんびりちゃぷちゃぷが日課でございまして、

そんなのほほーんとした時間を過ごすことが旅の目的でもあったわけですが  
  私の場合、常に毎日がのほほんですが・・・


最終日はさすがに髪を海水につけたくないので、レンタカーであちこち・・・

でも、前回の旅でパラセイリングをやったのは、そういえば最終日の午前中でした     詳しくはこちらで




うーん、どこに行こうか悩みまくりましたよ。   

宮古島って、マリンレジャーを除いてしまうと、あとはどうしたらいいの?って感じです。ホテルのコンシェルジェの方にも伺ってみましたが、有名な景勝地は6月に行ったばかり、と言うと困り果てておられました。あげく「体験シーサー作りなんてどうですか?」と真剣にアドバイスされましたが、そういう面倒そうなのはパスざます(爆)




で、「みやこパラダイス」↓

珍しい蝶々園があるそうで、普段蝶なんぞにまるで興味のない夫婦ですが

他に目ぼしい所もないのでこの機会に行ってみよう、ということに(笑)

画像 288-1
何度も言ってますが、毎日ずーっと晴天でした^^
でも、雲の流れが早いね。
画像 307-1
そして、こんなの発見↓
画像 292-1
普段なら、当然スルーですよ。
でも、他にお客もいなかったので、100円投入してエサをゲットしてみました。
画像 297-1
何度も、このうみがめちゃん↑に向けてエサを投げたのだけど、
素早い他の魚に先を越されて、食べれてなかったような・・・
画像 298-1
本当は、これよりもっとウジャウジャお魚ちゃんが口をパクパクしていて、
物凄い勢いでエサを食べていたのだけど、
その様子はちょいグロテスクなので、この程度の写真アップにしときます( ̄ー ̄)

エサやりに結構な時間を費やし(笑)

さらに進むとそこかしこにこんなものが。
画像 306-1   ちょっと怖い?! かわいくない、と思う(^_^;

画像 318-1   みやおさんですって・m・)  やっぱりビミョウな感じ・・・


画像 309-1
やっと、蝶々園に入園♪
画像 311-1 画像 312-1
羽を開く瞬間を見て&撮れて、感激

画像 313-1

画像 316-1

似た模様の蝶々ばかりだけど、
コンデジで適当に撮ったわりにはとても綺麗に撮れてて
後から見て「おおっ♪」と喜んでます(=^^=)
思ったほど、蝶々はいませんでしたけどね

お次はハーブ園へ
画像 319-1

ここのハーブは手で勝手にちぎってクンクン匂いを嗅いでOKなんです^^
奥でうちの夫がレモングラスをクンクンしてます(笑)



そして、ここのメインイベント?らしき、金のさなぎを見に。
画像 329-1


画像 322-1   最初は、こんなイガイガな毛虫状態
画像 323-1   成長してます



そして





こうなる↓

画像 325 画像 326-1


本当に黄金色でびっくりです。
ツタンカーメンの黄金のマスクを思い出しましたね(笑)


これ、日本最大級の蝶でオオゴマダラというそうです。

さらに成長すると、こうなるそうで→画像 313-2  さっき見た蝶がそうだったのね。





そして、こんなの見つけちゃいました。
img_1596745_49598674_3.jpg  (画像はお借りしています)
みやこパラダイスのクリスマスツリー。

金のオーナメントはオオゴマダラのさなぎ!!!





金のオーナメントが、さなぎですって!    








えええー\(◎o◎)/!






2011沖縄・宮古島 9月 | コメント(8) | トラックバック(0)

宮古島で食べたもの

2011/10/11 Tue 11:00

夏場は、我が家の食卓でも出番の多いゴーヤチャンプルーですが

我流の適当な味付けのなんちゃってチャンプルーに陥ってる可能性大なので

たまには正当な本場の味が食べたくなります。
ENIMAGE1317115035808.jpg

こちらの店では、スパムではなく薄い豚バラ肉を使っておりました。

そんなわけで使っている食材といい、味付けの感じといい、フツーな見た目といい(笑)

私が作るのとかなり似た感じで、

夫が「家で食べてるのと違いがわからない」と言っておりました

ちなみに私の味付けは、ほんだしと昆布茶の粉を使用します ( ̄m ̄*)

写真右奥は島らっきょうのてんぷら

右手前は紅芋もち。

この紅芋もち、見た目は???でしたが、
外かりかり中ふわふわで、ほんのり甘くて美味しかった♪

お天ぷらや揚げものは、どの店でもレモンを絞って宮古島原産の雪塩で頂きました。
飲食店のテーブルには、コーレグース(島とうがらし液)と雪塩がセットで置いてあるのが定番で、
店によってはカレー粉や粉トウガラシなどもありますが、
そういえば、お醤油を見なかったかも。
なんでもお醤油なこちらの文化とはだいぶ違いますね


ENIMAGE1317115194830.jpg

こちらは、お大根と軟骨ソーキの柔らか煮

ENIMAGE1317115573426.jpg

右側はグルクンの唐揚げ。(グルクンは沖縄の県魚)

手前はまぐろのカマ&目玉の煮付け。   この日はずいぶんと肉食系な食事でした(^_^;



夫はホルモンとか、脂身とか、プルルンとした食感がダメな人なので

目玉なんて当然全然ダメダメなんですが、

旅先ということで気が大きくなったようで(笑)

「食べて見ようか♪」なんてノリで注文しました。

案の定、目玉あたりの栄養&コラーゲン成分は全て私が頂きましたが

翌朝のお肌の違いは・・・・よくわからず(苦笑)






画像 204-1
この暗ーい画面は、宿泊したホテルのバーでのお食事。

沖縄の大型ホテルですからね、当然お子様連れも多いです。

さすがに夏休みシーズンを終えた9月下旬ということで

2人連れの方がバー内には多かったですが

私達の席の向こう側では、パパさんがビールでママと小さなお子さんがジュースを飲んでおりました。

そうした雰囲気は十分承知していたので、私達も最初から「バーに食事をしに」行きましたよ^^



で、せっかくなので、私はマティーニを。夫はマンゴーのなんとかカクテルを(笑)

久しぶりのマティーニ。美味しかった^^

しかも、グラスが微妙に大きくて、量もたっぷり。満足です。



画像 044-1
こちらはホテルでの部屋飲み用♪

現地のスーパーで500円台で購入しました。

泡盛は、沖縄県内で消費する場合は税制が異なるため、とてもお安く購入出来ます^^

画像 023-1

ちなみにお部屋はこんな感じ。
到着した夕刻の写真なので逆光バリバリですが
オーシャンビューならぬオーシャンフロントで、窓から美しい海がバッチリ望めました♪



2011沖縄・宮古島 9月 | コメント(12) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。