スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

11月になりました

2010/11/01 Mon 12:39

いよいよ秋真っ盛り皆さま如何お過ごしですか?

画像 033

こちらはかぼちゃを加えてハロウィンを意識しつつ
具沢山な秋をイメージしたアレンジです。

右後ろ側に、ピンクのバラがあるのがうっすらとおわかりでしょうか。
この秋の色合いに不似合いな気がして、
見えない後ろに下げてしまってのですが

実は、最初はこのようなアレンジでした。
画像 016

改めて見直すと、この方が華やかで良かった?!(」゜ロ゜)」かもね


画像 038  この画像を見て

DSCF0196-1.jpg  この絵が頭に浮かびました。

Giuseppe Arcimboldo(1527-1593)
ジュゼッペ・アルチンボルトの連作「四季」の中の一つ、「夏」です。

その名の通り、夏野菜と果物で構成されてます。胸元に見えるのはアーティチョークでしょうか。
ちなみに、一連の作品は春はお花で、秋はブドウやかぼちゃ、冬は枯れた木 で擬人化されてます。

初めてみた時は、その奇抜さに驚いたものですが
それ以来、何度見ても足を止めて見入ってしまう不思議な作品です。


芸術の秋です♪


スポンサーサイト
絵画 | コメント(16) | トラックバック(0)

芸術の、夏

2010/07/10 Sat 09:53

画像 713

コレクションしているマグネットの一部です。

旅先&展示会のものです。

国内美術館のマグネットは、一回の展示会につき購入は最大1個と決めてます。

冷蔵庫の横側部分にベタベタと貼りまくってます。


画像 711

昨日、やっとのことでオルセー美術館展へ行ってきました。

とにかく混んでいると聞いていたので、

がっつりさっくり見ようとおひとりさまです



が降りそうな怪しい雲行きの日を選んだのに

金曜日なのがいけなかったか、それとも結局いっつもこんななのか

12:30に着いたら、ものすっごく混んでました ( ̄  ̄!)




しかもみんなじっくりゆっくり見てるし(°m°;)

絵画好きな人って、ほんとにそんなに沢山いる?!

自分のことは棚に置いて、ふしぎーな気持ちにかられましたよ(;¬_¬)




印象派のモネや新印象派のスーラなど、柔らかな印象の作品が多い中

ゴッホの作品が数点。

有名過ぎて、なんだかよくわからないなーと思ってました   が、

この自画像↓ 圧倒的な迫力がありまして、

h-goh2.jpg    (*画像はお借りしたものです)

やっぱりゴッホって凄いんだなーと見直しました(←何様? 爆)







先週に引き続き、夫は昨日も深酒で只今ぐーすか寝ております。
3時過ぎまで起きていたようだから、仕方ないけど
お昼どうしよう?外食のつもりでいたから家に何もない(=`~´=)




絵画 | コメント(8) | トラックバック(0)

三菱一号館美術館

2010/06/24 Thu 10:32

昨日、東京丸の内に新しく出来た、三菱一号館美術館へ行ってきました。

逕サ蜒・651_convert_20100624005831


思いっきり雨女の私が、

梅雨のピークに待ち合わせるなんて無謀もいいとこなんですが

大人気で連日混雑らしく、

ならかえって人出が減っていいんじゃない?

と大らかに言ってくれる友人はありがたいものです。

逕サ蜒・645_convert_20100624010455

後ろの巨大オフィスビルと好対照な建物ですが、妙にマッチしてますね。

この建物内に美術館やcafe1894というレストランが併設されてます。

ランチもここでしたかったのですが、予約不可だそうです。

で、万一長蛇の列ではうんざりだからと

有楽町駅近辺で適当にパスタランチを済ませました。

12時過ぎ、案の定雨にも関わらずここのレストランは既に満席

並んで待っている方々もいました。



最近私的に必須のオーディオガイドを借りていざ見学♪

平日昼間とあって、マダムなグループと年配の男性が目立ちました。

私たちはガイドを聞きながら、静か~に見学しましたが

お友達とのおしゃべりに興じながらという方々もちらほら見られ

中にはうるさいなあ(ー"ー )という方々も。

案の定学芸員さんに注意されてましたよ(-。 -;)


逕サ蜒・648_convert_20100624010603
3階の窓からの景色。
こんな中庭があるんですね。

真ん中に見える人物は、アジサイを激写してます(笑)

逕サ蜒・647_convert_20100624010623
が降ってます。
のだめがピアノ引いてそうな雰囲気がww
絵画 | コメント(12) | トラックバック(0)
最近はVERYもSTORYもECLATも立読み専門で

たまに美STORYを「何か参考になるかも?!」と買う程度。

妙齢な女心を見事に捉えた美STORYは、雑誌コンセプトの大勝利だと思うわ。




そんな私が珍しくお買い上げ(笑)した雑誌がこれ

逕サ蜒・547_convert_20100607101258
(アレンジで余ったドナセラが結構綺麗でお気に入り♪)


中身を大雑把に言うと、

キリスト教を絵画や教会建築などから焦点を当てているもので

ユダヤ教との絡みや宗教改革の背景なんかもザザッと説明してます。




最近ネットの本棚の幾つかに登録して、使い勝手やらあれこれいじり中です。

ところが肝心の「読んだ本」のリストが思いっきりこういう方面(西洋史・美術)

に偏りまくっていて、

最近流行りの小説など一つもないことに今さらながら気付きました。

そのうちブログにアップしようと思ってますが

もし、似たような趣向の方がいましたら是非ご一報を頂ければと思っております
(多分、あんまり居ない・・・笑)




絵画 | コメント(10) | トラックバック(0)
ミラノのドゥーモ近くで撮ったの風景が
どこかで見た絵に似ているようで、


その絵のことがずっーと気になって頭から離れず・・・

逕サ蜒・649_convert_20100328160700 逕サ蜒・650_convert_20100328160730 逕サ蜒・652_convert_20100328160803




で、

やっと思い出せました\(^ ^)/

イタリア人画家デ・キリコの「通りの神秘と憂鬱」です。


写真と全然ちがーうじゃーん( ̄д ̄)
と、どこかで誰かが言ってるような・・・^^;

いいんです。私の脳内細胞限定の話ですから(・ε・)/

私の中では感覚的にすごーく結び付くんです。

それに既視感(デジャブ)を想起させる絵でもあるのだとか。

とにかく形而上的絵画の代表作としても有名らしいです。







s-11-7_D140_sps-thumb_convert_20100405144518.jpg 795477772_83_convert_20100405144444.jpg prehard-meiga_utrillo00003_convert_20100405144459.gif

こちらは先日じゅんじゅんさんが教えてくれたユトリロの絵。
モンマルトルの風景画ですが、
こっちの方が似てますねー^^;

ブログランキング・にほんブログ村へ ライフスタイル・二人暮らし♪






絵画 | コメント(8) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。