スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
最近はVERYもSTORYもECLATも立読み専門で

たまに美STORYを「何か参考になるかも?!」と買う程度。

妙齢な女心を見事に捉えた美STORYは、雑誌コンセプトの大勝利だと思うわ。




そんな私が珍しくお買い上げ(笑)した雑誌がこれ

逕サ蜒・547_convert_20100607101258
(アレンジで余ったドナセラが結構綺麗でお気に入り♪)


中身を大雑把に言うと、

キリスト教を絵画や教会建築などから焦点を当てているもので

ユダヤ教との絡みや宗教改革の背景なんかもザザッと説明してます。




最近ネットの本棚の幾つかに登録して、使い勝手やらあれこれいじり中です。

ところが肝心の「読んだ本」のリストが思いっきりこういう方面(西洋史・美術)

に偏りまくっていて、

最近流行りの小説など一つもないことに今さらながら気付きました。

そのうちブログにアップしようと思ってますが

もし、似たような趣向の方がいましたら是非ご一報を頂ければと思っております
(多分、あんまり居ない・・・笑)




スポンサーサイト
絵画 | コメント(10) | トラックバック(0)
コメント
No title
私はフランス語はやってるけど
そんな高尚な趣味はないわ( ̄。 ̄)ボーーォ

旅先の風景が絵画に似てるとか言ってたことあったよね。
あれはこういう素養があってのことなのね。
ゆんさん、奥深過ぎます!
No title
story世代のつもりがいつの間にかeclatに移行していたるるです。

30代前半くらいまで、
ずーっとJJにしがみついてましたが(笑)
この前手に取ってみたら、
見ただけで疲れました。


みっちゃん
高尚なんかじゃないけど
むかしっから好きなのね。
それこそ小学生くらいから興味があったかも。

昨晩ちまちまと本棚をブログにアップしてみたけど
多分いわゆる”高尚”な本棚かも( ̄m ̄*)

るるさん
るるさん私も同じー!
30前半くらいまでJJやキャンキャン見てました。
実は今でも美容院のカラーの最中読書用に担当の子に持ってきてもらいます。
たま~にこういうの見るの楽しいです。
参考にはあんまりなりませんけどね(笑)
美容院の子も、そういう方多いですよ^^と優しく言ってもらってます(謎)

いつもありがとうi-80
感謝してます。
No title
無宗教ですが、神々の話は人間味が溢れてて面白いのでよく読みますよ(^◇^)

絵はその時代の特徴・変化を表していますよね。
「西洋と日本の美術がわかる本」という本には、その絵が描かれた時代の背景が書かれていて面白いですよ。
時代によって売れる絵と売れない絵という物が存在して、同じ画家でも価値に差のある絵があるのも面白いです。
自分が描きたい物が売れなくて別の物が売れるというのは少し哀しいですが…(-_-;)
レオナルド・ダ・ヴィンチは医学にも精通した人で、死体を買い取り解剖して描いた事は有名ですね。
反感も買いましたが、こういう事をしないと進歩というものはないでしょうし…。

美術とは関係ない本(小説)で、集英社文庫の「家日和」(著・奥田英郎)を読みました。
引きこまれる書き方をしていて読みやすい小説です。お勧めします。
No title
ゆんさんは西洋の宗教や西洋文学がお好きなんですか?
BOSSA BOOKSも色彩豊かな西洋の絵画が美しい装丁の本ばかりで
ワタシの少年漫画が混ざっているような本棚が逆に俗っぽくて
恥ずかしいほどです。。。(^^;

でも、この紹介されてる本も興味深いですね~
ワタシ、もう少し学があったら宗教史をもっと極めたいなぁ・・・
と思ったりしたこともあったので、なんだか勉強になりそうです。

と言いつつ、実は仏教系の方が得意なんですが・・・(^▽^;)
でも、フリーメーソンとか昔から気になってるんですよね~
エリーさん
早速アマゾンでチェックしました。

「西洋と・・・」は、書店で見つけたら購入するだろうなってタイプの本だわ。
こういう本面白いよね^^
エリーさんもそうなんだ、わー嬉しい(*^o^*)

「家日和」、これも面白そう!

ベストセラーの小説とか、殆ど興味がなくて
それなら海外ドラマ見てた方がおもしろい・・・なんて思っちゃうんだけど^^;
そんな私が誰かに勧められた本を
2冊とも(お世辞抜きで)面白そう♪と思うなんて珍しいこと。
ほんとにありがとう。

左枠←の下の方に、BOSSA BOOKSというネットの本棚を置いてみました。
私が読んだ本を適当に並べてます。
まだはじめたばかりで、これから少しずつリストアップしていくつもりだけど
時間のある時に見てみてね^^
うりさんへ
> ゆんさんは西洋の宗教や西洋文学がお好きなんですか?

そうなの ( ̄m ̄*)
でも好きなのは西洋の歴史やそれにまつわる美術、エッセイなどであって
文学系はあまり得意ではないの^^;

BOSSA BOOKSのこと、
とりあえず最初だから巻頭に綺麗めの装丁の本を持ってきただけ(爆)

うりさんの本棚もすんごく興味深いわ!!!
感想は・・・あちらに書きますね^^

それと、リンクさせてもらっていいかしら?
その方が思い立った時に飛んでいけるので。
どうぞよろしくねv-411
No title
大学の講義でキリスト教を絵画から見ていくと
いう高尚なものがありますが私は「ムリ」と
思ってとってないです・・・ゆんさんなら
きっと理解できますね。
今は叙事詩でホメロスやダンテなど授業で扱う
ので読んでいるのと、トマスハーディの小説も
あります。
後期にアーサー王伝説を半期かけて読む講義が
あってそれはとってみようかなと思っています

それにしてもゆんさんのは高尚な本棚ですね。
かりんさん
こんばんは^^
コメントありがとうございます。

大学の講義、面白そうなのが沢山で羨ましいほどです。
でも・・・単なる趣味で好き勝手に見聞するのと、
授業として理解して展開していくことは全く別物だとわかってます。
しかもいわゆる文学作品は好きじゃないんです。
だからトマスハーディも読んだことありません^^;
「テス」の作者ですね?ポランスキーの映画は見ました。

アーサー王伝説ですか。ラーンスロットに円卓の騎士ですね^^
もし、あまり馴染みがないようでしたら
書物を読む前に映画をご覧になることをお勧めします。
アーサー王が主役のものからそうでないものまで、沢山あります。
世界観を知る手掛かりにはなるとは思います。


本棚・・・趣向が偏っているのでインパクトがあるだけです。
多分私はかりんさんが読まれている本を見て、
すごい!と唸ってしまうにちがいありません。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。