スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

11月になりました

2010/11/01 Mon 12:39

いよいよ秋真っ盛り皆さま如何お過ごしですか?

画像 033

こちらはかぼちゃを加えてハロウィンを意識しつつ
具沢山な秋をイメージしたアレンジです。

右後ろ側に、ピンクのバラがあるのがうっすらとおわかりでしょうか。
この秋の色合いに不似合いな気がして、
見えない後ろに下げてしまってのですが

実は、最初はこのようなアレンジでした。
画像 016

改めて見直すと、この方が華やかで良かった?!(」゜ロ゜)」かもね


画像 038  この画像を見て

DSCF0196-1.jpg  この絵が頭に浮かびました。

Giuseppe Arcimboldo(1527-1593)
ジュゼッペ・アルチンボルトの連作「四季」の中の一つ、「夏」です。

その名の通り、夏野菜と果物で構成されてます。胸元に見えるのはアーティチョークでしょうか。
ちなみに、一連の作品は春はお花で、秋はブドウやかぼちゃ、冬は枯れた木 で擬人化されてます。

初めてみた時は、その奇抜さに驚いたものですが
それ以来、何度見ても足を止めて見入ってしまう不思議な作品です。


芸術の秋です♪


スポンサーサイト
絵画 | コメント(16) | トラックバック(0)
コメント
No title
秋らしい深い色の鮮やかなアレンジですね。
こんなお花が家にある生活、憧れます!

ピンクのバラが前面にあると華やかですけれど
秋っぽさならゆんさんが作られたアレンジ
に軍配が上がると思います。
芸術の秋!
最初のアレンジも、秋らしい暖色がきれいに並んでいてわたしは結構好きです。後のアレンジは「実りの秋」の豊穣な感じが、重量感を持って横に広がり下にさがっていく様子で、よく伝わると、華道の心得のないわたしには感じられました。

それにしても、下の絵画、楽しいですね。かつて見た覚えはわたしもありますが、こうして生けられた植物たちと並ぶと、現実感が違ってきます。この絵を見た後で、上の作品に戻ると、ズッキーニ(?)が巨大な鼻、そして、その左右にトンボのような複眼の目があるように見えてきました。

一度、こういうゆんさんの作品へのだんなさまの感想や反応もお聞きしたいものです。
No title
こんばんは。
色鮮やかなアレンジ、すごくいいですね♪
1枚目と2枚目のお花の内容は同じなのに、随分違う印象になるのですね。

こういうことを器用にやってしまうゆんさんはすごいです!!
No title
ゆん様!さすが!
このようなイメージはなかなか浮かばないような
気がします。
とっても素敵です。
うんうん。何度見ても素敵です。
才能ほすぃっっ
No title
去年の初夏に「奇想の王国 だまし絵展」という展覧会があったんですが、その中にジュゼッペ・アルチンボルドがあったんですよ><
まだ神奈川に来たばかりで忙しくて見に行けなかったけど、ポスターがジュゼッペ・アルチンボルドの「Vertumnus」(訳すと果物の神?)で、電車の中に吊られているポスターを見ては忙しい日程を恨んだことか…w

お花、私的には2枚目の方(ピンクのバラが主役な方)が好きです。
早いもので、ハロウィン終わったらもうクリスマスの雑貨が出回っていましたよw
次はクリスマスをイメージしたものですね。
期待しています(*^_^*)
No title
こんな素敵なお花のあるおうちに住みたい♪
やっぱり、ゆんさん最高☆
新しいブログを立ち上げようかと思いましたが、
今までのブログを名前を変えて続けることにしました。
よろしくお願いします♪
こんにちは~!!!
私は秋と言えば銀杏の香りかな~
    ↓
http://everyday2001.blog36.fc2.com/blog-date-20091118.html

暑かった夏も過ぎて気がつけば、もう11月…
そうこうしているうちに、クリスマスにお正月だね~☆




るるさん
こんにちは。
お返事遅れてすみませんでした。
***
濃い黄色の大きなかぼちゃがあるだけで、
雰囲気がぐっと秋らしくなるんです。
時々花屋さんで見かけて、どう使うのかな?と思ってましたが
こんな風に使えるんだと発見です。

ピンクのバラ、この時はかなり蕾ですが
今は開いてもっと綺麗です^^
なおこさん
こんにちは^^
お返事遅れてすみません。

****
この絵、なぜか好きなんです。
イタリア画家の作品ですが、ルーブルの、確かグランドギャラリーに常設されていると思います。
・・・ということは、私が考えているよりずっと有名な作品なのかもしれません。
「夏」の野菜や果物ということですが、秋らしくも感じます。
イタリアに住むなおこさんなら、これは「the夏」なのかしら?

> 一度、こういうゆんさんの作品へのだんなさまの感想や反応もお聞きしたいものです。

彼はあまり興味がないんです。
だから残念なことに感想も反応もほぼ皆無です(苦笑)
ただ、以前いつもより色味かなり地味~でこじんまりした作品の時が一度あって
その時は珍しく「何、この変なのは?!」と騒がれました。
それから時たま「頑張って創作したんだね」と、トンチンカンなことを言ってくれます(笑)

omakasekaishuさん
こんにちは。
いつもありがとうございます。
お返事随分遅れてしまって、すみません。

*****

同じ花材でもアレンジの仕方によって全然違います。
自分でやっても違うのですが
別の方が作ったものは、もっと全く違う印象になります。
それで、隣の芝生は青く見えると言いますか、
自分の作品よりずっと素晴らしいものに見えて
溜息をつくことが多いです。
ビランドラさん
こんにちは!
お返事遅れて申し訳ありません。

*****
褒めてくれてありがとう^^

枯葉と可愛らしいピンクのバラが隣り合うのって
絶対変!と思っていたのだけど、
こうやって改めて見ると、全然そんなことなくって
かえって驚いてます。
エリーさん
こんにちは^^
お返事遅れてすみません。

*****

> 去年の初夏に「奇想の王国 だまし絵展」という展覧会があったんですが、その中にジュゼッペ・アルチンボルドがあったんですよ><

全然知らなかったわ。横浜美術館かしら?
すごく面白そうな展覧会ですね。
エリーさんは絵ごころあるから参考になったかもね。
私は全然ないけど・・・これは行きたかったなあ・・・

もう次のイベントはクリスマスですね。
一年経つのがほんとに早い。
monakaさん
こんにちは

ブログ再開されたのですね!
良かった良かった^^
また遊びに行きます。

お返事がとても遅れてごめんなさいね。
ゆかりん
こんにちは~
お返事遅れてすみません。

*****

銀杏、おいしいよね!私も大好き^^

ブログ拝見しました。
私も昨年実家から殻つき銀杏をもらって、茶封筒でチンして食べましたよ^^
こんなやり方で食べれるなんて驚きでした。

ゆかりんは拾うとこからやったのね。
すごいなあ、下処理するだけでも結構大変だろうに。

義母様、よくなられて良かったですね。

ところで 「拵えて」 これって、何て読むの?!
ギンナンを、どうするのかしら?と動詞をあれこれ考えてみたんだけど
思いつかない。いやー、お恥ずかしい( ̄д ̄) 
拵えて…!!!
“こしらえて”って言うのよ、
わかりやすく言うには作るっていう意味になるかな~(^_^)v
ゆかりん
おお!v-411

> “こしらえて”って言うのよ、

なるほど!早速ありがとう!φ(..)メモメモ




管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。