スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

お金の話・・・

2011/01/07 Fri 01:12

ぼちぼちと、エジプト旅行紀をアップしたいと思っているのですが
大量の写真画像を前にして、
どこからどう始めて良いのかわからず

とりあえずドルの札束です   (* ̄ー ̄)v

画像 001

「一ドル札なんて何で撮るの?」と、ダンナは半ばあきれ顔。

ええ、当然の反応でございますわね!

でもワタクシ、20代後半のハワイ旅行以来、米ドルを手にするのは○○年ぶりなうえ
こんな新札オンリーのお札100枚にすっかり興奮しまして、
パチパチとやってしまいました。

1ドル札100枚ですからね、これで1万円にもなりませんが(笑)



なぜこんなに1ドル札かと言いますと
現地ではドルや日本円が結構通用しますし  
(特に日本円に関しては通用するのは観光地限定と思われまする)
物価が格段に安いため、大きなお札だと非常に使いづらいですし
しかも日本でエジプトポンドに換金するのは至難の技なので

もちろんカイロ空港でエジプトポンドへの換金は可能ですが
事前に細かいドルを準備していれば何かと便利なわけです。


エジプトの物価、例えばミネラルウォーター。
600mlのペットボトル2本で1米ドルです。
約80円ですよ。2本で。

安い~


と、ツアーの後半までずーっと信じていたわけですが

ある日の観光バス内で、いつものように水を所望しましたら
(ミネラルウォーターは毎日、観光バスに運転手さんが補充して売っているのです)
売り切れでストックがもうないとつれない答え。

で、某所(アレキサンドリアのナショナル・ミュージアムでした)の見学を早めに切り上げ、
周囲を歩いて現地の小さなお店で水を買いました。
そこでは、1.5リットルの水が、2エジプトポンドでした。日本円にしておよそ36円です!

大量仕入れの600ml2本を1ドルで売りさばく商売は
どうやら外国人ツアー専属のバスの運転手さんのお小遣い稼ぎとして、
非常にワリのいい仕事ではなかろうかと推察いたします。

観光客にとっても、移動中のバス内で欲しい時にいつでも気軽に購入出来るというメリットは
何物にも代えがたいですけどね^^

ただ、現地価格は思っていた以上にずっと安いということに驚きました。
やっぱりツアーだと、現地の実情なんて全然わかんないんだなーと。
(あ、人生初のツアー参加は想像していたよりずっと楽しかったですよ^^)




ついでに、こちらはエジプトの硬貨。
ツタンカーメンやピラミッドの図柄がエジプトらしいですね。
画像 940
ひっくり返すとこんな感じ。
真ん中にあるのは数字だそうで、左の2枚は1ポンド。
左から3枚目は5ピアストル
画像 943

4枚目は・・・よくわかりません^^;
もしかすると、ダンナが結婚前に一人旅した際に残していた古い硬貨かもしれず・・・
とにかくアラビア語は文字も数字もさっぱりちんぷんかんぷんでした。



スポンサーサイト
2010エジプト | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
1ドルだろうと何だろうと、札束は札束だもんね。
私なんてよだれモノだろうと思います(笑)

エジプト、アフリカの国だし物価が安いのは当然だと思うけど
本当の現地の実情を知ることは難しいだろうなあ。
無理に知ろうとし過ぎて危険な目にあうのもヤだし・・・
そういうことを全く知らずに観光を終える人も多いだろうから
ゆんちゃまは知れただけでもラッキーなんでは。


コインの裏面に
エジプトらしさが如実に表れていておもしろいですね!! ツタンカーメンのコインの方が、ピラミッドより大きいというのも、おもしろいです。。

ペットボトルの水は、旅行者が時間をかけず、観光に専念できるということで、手数料も取っているかもしれませんね。イタリアでも初めて旅行したとき、ローマ付近の露店で買ったペットボトルは高めで、こちらに暮らし始めてからスーパーの水の安さに驚きました。ペットボトルの水には、メーカーによる値段の差がかなりあったりもするのですが。最近は水道水を飲んでいるので、水は旅先やレストランで必要に迫られたときに買うくらいです。

ちょうど最近、わたしもユーロコインの謎と不可思議を取り上げようと思っていたところなので、なんとなくゆんさんと気持ちが通じたようでうれしいです。大学でテーマに取り上げて、レポートを書いたことまであるのです。
外国のコイン
こんばんは(^.^)
エジプトのコイン(@▽@*お金じゃないみたい!(笑)
これは、なんだかありがたみがあります(笑)

私は、ユーロになる前のフランスのコイン(お札も)と
イタリアのコインが、好きでしたv-10

海外のコインって・・・
どうしても手元に残るんですよね~( ̄m ̄;
使い切れなくて・・・。
みっちゃん
札束に反応してくれてありがとう!
さすがはみっちゃん^^

> そういうことを全く知らずに観光を終える人も多いだろうから
> ゆんちゃまは知れただけでもラッキーなんでは。

なるほど、そういう見方もあるわけね~
いいこと教えてもらったわん、ありがとう!
なおこさん
すみません!ちょっと検索しましたら、今現在の50ピアストルの表面は、
どうやらクレオパトラの横顔のようです。
つまり、ピラミッドのコインは、ダンナが昔々に行った際に取っておいたものだったようです。

それにしても・・・ツタンカーメンは王様としては特筆すべきことはないのに
やはりあの黄金のマスクの威力はすごいですね^^

私は、1ポント硬貨を見て、ユーロみたい!と思ったんです。
それから、硬貨と言えば、塩野七海さんの「ローマ人の物語」の文庫版で
当時の硬貨が表紙に使われていて、とてもお洒落な雰囲気を出しているんですよ。

塩野さんの本は大好きなんですが、ローマ人の~は、長過ぎて、15話程度で止まってます^^;

ユーロコインの謎をテーマにですか?!
面白そうですね!(ワクワク^^)

ただ、私の場合は本当に興味本位で、誰かの作品を読むとかその程度なので
なおこさんの知識量には到底及びませんが、
それでも楽しいですね。また良かったらブログでアップして下さいね
ちろりんさん
> エジプトのコイン(@▽@*お金じゃないみたい!(笑)

実はね、ダンナが下手なお土産よりこの方がずっといい!ということで、
写真にアップしている硬貨は、帰国後にダンナが手垢などの汚れをふき取って
綺麗になものなんです。

> 私は、ユーロになる前のフランスのコイン(お札も)と
> イタリアのコインが、好きでしたv-10

おー、さすがちろりんさん。
やっぱり色々ご存知ですね^^

この時間はちろりんさんのブログにはぜーったい行きませんよ(笑)
だってどれも美味しそうでお腹空いちゃいますもーん♪



No title
私の学友にエジプトの水道水を飲んだバカがいました。
帰国後、発病。
市から保険所が来て家中を消毒。
病室も隔離され・・・・・。
今は笑い話です。

お金の話、 2本で80円のミネラルウォーター!
魅力的だな~。

コインの表は現実的
裏は、確かにチンプンカンプンですが、
面白いですね。
ピランドラさん
保健所が消毒、病室も隔離ですか。
びっくり!
凄まじいですね。

日本との価格の違いは驚きました。
日本人は、間違いなくいいカモなのでしょう。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。