スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
画像 704-1
こちらはバスの車窓から見かけたカイロの街並みの一風景。
人々が口にしている縦長のクラリネットのような物体は水タバコと言われるもの。

私も口にしたことはないので、どういうものかは見当もつきませんが
日本人にとってはいかにもアラブっぽいエキゾチックな光景です。

画像 711-1

都市の風景は、どの国も結構似てるなあと思いますが
散らかるゴミの量が多いですね。

画像 721-1

みなぎる活気を感じました。

カイロの街は、近代的建物が立ち並ぶ新市街と、
歴史的建造物が残るオールドカイロと呼ばれる区域があります。

観光客はもちろんオールドカイロへ進みます。

画像 731-1

こんなイスラムのモスクがありますが、
これは規模も美しさもトルコのイスタンブールと比べるとかなり見劣りします。

画像 748-1 画像 755-1

こちらが、オールドカイロと呼ばれる区域ですが、
5000年も昔の巨大な遺跡の数々をずーっと見ていたので、
イスラム時代(西暦以後)の建物が妙に新しく感じられ
感動がないです(苦笑)

画像 771-1

ここはハン・ハリーリと呼ばれるスーク(市場)で、エジプト土産が何でも揃うと言われるところ。
この日も各国からの観光客に溢れてました。
(革命後、観光客が激減し生活の危機にあるとこの市場で働く人々のインタビューを何度か見かけました。
今は少しでも回復したのでしょうか???)


その後起こることなど当時の私には想像もつかないことでしたが
この時の私は、カイロというアフリカ最大の都市でさえ
ブルカと呼ばれるスカーフを巻いた女性の姿が多いことに驚きました。

フランスではブルカ禁止法案が採択されたそうですね・・・

画像 777-1

カイロの渋滞は半端ないそうです。

が、その一方でこんな風景も・・・
画像 716-1

古いものと新しいものが混在する不思議な街でした。







スポンサーサイト
2010エジプト | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
シーシャは見た目が綺麗ですね(^-^)
色ガラスだと特に神秘的な感じが…。
最近は日本でも水たばこ専門のお店が出てますよ。
日本の日常でシーシャやムアッセルを持ち歩く事って難しいから、専門店が出てきたようですw
私は喫煙者ではありませんが、水たばこを吸う人の見た目が神秘的で好きですw

ゆんさんの旅行写真見てたら、アラビアンナイト、読みたくなってきました><
No title
ふむふむ~これがカイロの町なのですね。
水タバコなんてあるのですね。
ごみ、掃除したらいいのに。とか思いながら見てしまいました。

ハン・ハリーリは人が多いのですね
楽しそうです。
エリーさん
シーシャって何?ムアッセルって何?
日本でも水たばこのお店ですって?!

さっぱりちんぷんかんぷんの私です^^;

やっぱりエリーさんは物知りだなあ。

> 水たばこを吸う人の見た目が神秘的で好きです

同感です!

びらんどらさん
> ごみ、掃除したらいいのに。とか思いながら見てしまいました。

やぱりそう思うよね。
こういうところの人達が日本に来たら
道端にゴミ一つ落ちてない!と感動するんだろうなあと思いました。

ハン・ハリーリではTHEお土産を買い込んでしまいました(笑)


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。