スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
私は発泡水が大好きで、

夏場は特にたっぷりと常備しておりまして      
     詳しくはこちらで → スパークリングウォーターあれこれ

何かしら新しいものが出ると試しに買ってみるのですが、

この「キリン生茶 The Sparkling」は発売当初からとても気になっていたものでした。

sparkling_img01.png(画像はお借りしてます)


”なまちゃ”という丸っこい響きが好きなせいもあり
数多い緑茶飲料の中でも手に取ることが多かった「キリン生茶」
(最近はCMの影響で伊右衛門や綾鷹を選びがちですが(^^;)



緑茶に炭酸てどんな感じかな~(o^-^)o ♪

渋みに炭酸がどんな風にマッチするのかしら?!

ええ、かなり楽しみに期待しておりました(≧Ω≦)





で、キンキンに冷やしたものをお風呂上がりにゴクゴクと頂きました。





ごくごくごくごく・・・・・・







( ̄  ̄!)甘い






甘過ぎる!







慌ててパッケージの裏面をチェックしました


ら、



●名称:炭酸飲料●原材料名:砂糖類(高果糖液糖、砂糖)緑茶、生茶葉抽出物、香料・・・

と書いてあります。





緑茶を買ったつもりが、材料名の最初の項目が「砂糖」って・・・(・_・、)





しかも、肝心の緑茶の風味は感じられず・・・





ネガティブな意見ですが、
あくまで、あくまで個人的味覚の感想ですのでどうぞお許しくださいね。








うがー、お風呂上がりに砂糖水なんて飲みたくなかった。






私、甘い飲み物だって好きですよ。
でも、甘い炭酸なら、コーラやジンジャエールの方がいいなあ。。。






それから「ほんのりあまいゆずの香り」とありますが、

ゆずの香りがあったかどうか、あまり記憶にありません。

とにかく甘くて驚いて、若干の怒りを感じながら飲んだので(笑)












逆にこの味なら、アルコール飲料として、最近流行りのハイボール的な感じの方が
アリかもなんて思いました。
(結局「なまちゃ」からは思いっきり離れますが)








これ、来年もコンビニの棚に陳列してるかしら???( ̄~ ̄;)ウーン・・・


スポンサーサイト
食べること | コメント(8) | トラックバック(0)
コメント
No title
確かに、この銘柄から甘みがあるとは思いにくいですね。せっかくの楽しみが台無し・・・。
しかもゆずの風味があまりないのは残念です。
No title
こんばんは、ゆんさん

私も気にはなっていたのよ
「キリン生茶 The Sparkling」~
お茶のスパークリングってどうなんだろう・・・?お茶をスパークリングにする必要があるのか?って思っていたのよ
買わなくてよかったわ~
甘い生茶・・・想像できない・・・笑

No title
こんばんは。
私もこれ飲みました。
私の感想としては

お茶の香り<ゆずの香り

お茶は最後の苦味でなんとか存在を確認。
お茶と炭酸って難しいですよね。
紅茶と炭酸やコーヒーと炭酸って言うのもその昔ありましたが、早々に姿を消していた気がします。
暑い日にはやっぱり炭酸飲料ですよね。
まったく甘くないのは私は苦手ですが、極力甘くないのが好きです♪
生茶ですか!
次から次へといろいろな商品が考案・販売されて興味深いです。お風呂上りにおいしい一杯のはずが、期待はずれで、残念でしたね。いつかきっと、何かおいしいものが見つかるはず!

わたしは炭酸が苦手なので、飲むことはないと思いますが、実はイタリアでは、緑茶にも砂糖を入れて飲む人に時々出会います。お茶の一種だから、紅茶と同じように飲むのだと思っているのでしょうね。
ビランドラさん
> 確かに、この銘柄から甘みがあるとは思いにくいですね。せっかくの楽しみが台無し・・・。

そうなんです。
この銘柄なんだから、甘くないお茶で当然!と勝手に思い込んでました。

騙された気分でムッとして(爆)
思わず記事にしちゃいました。
杏奈さん
こんにちは^^

> お茶のスパークリングってどうなんだろう・・・?お茶をスパークリングにする必要があるのか?って思っていたのよ

そうなんですよ。ほんとにまさしくそう思って、
絶対に買ってみよう♪と珍しく気合を入れて購入したものだから
かえって、がっかり度があがってしまい・・・

「生茶」を冠してさえいなければ、ごく普通の炭酸飲料。
期待度も上がらず、要するに購入することもなかったと思うので
そういう意味では、メーカーの戦略にはまってしまったのかも(笑)



omakasekaishuさん
こんにちは。

omakaseさんも召し上がってましたか^^

> お茶の香り<ゆずの香り

> お茶は最後の苦味でなんとか存在を確認。

なるほど。
きっと、いや絶対にそのomakaseさんの味覚は正しいと思います。

私はびっくりな甘さに頭にきて、
そのくせお風呂上がりでぐいぐい飲みほしてしまったので(笑)


私達が幼い頃は甘くない炭酸飲料なんて、考えられませんでしたよね。
20年ほど前、初めて発泡水を飲んだ時
甘くない炭酸!何これ、ゲゲッ( ̄Д ̄;)まずっ   と思いましたもん(爆)

それが、近年頂く機会も増え、そうしていくうちに味にも慣れ
すっかりはまってしまいました。


それにしても、紅茶やコーヒーの炭酸、そんなのもあったのですか?!
ちっとも知りませんでした。
炭酸も奥が深いのですね~
Re: 生茶ですか!
> 実はイタリアでは、緑茶にも砂糖を入れて飲む人に時々出会います。お茶の一種だから、紅茶と同じように飲むのだと思っているのでしょうね。


そうですよね。お茶の一種と考えれば違和感ないですね。

そういえば、うちの母なんて、麦茶にたっぷりのお砂糖を入れて作ってました。
だから私は相当後になるまで麦茶=甘い飲み物だと思ってました(笑)

緑茶のペットボトル飲料は各メーカーから数多く出ていて、
「キリン生茶」という銘柄は、既に一般に浸透しているものなんです。
(もちろん、甘くない普通の緑茶としてね^^)
だから、まさか!な思いが強かったのです。


管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。