スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

ユスキュダル

2010/01/26 Tue 08:07

2002年のの大雪まみれの旅行では、
寒過ぎ&人少な過ぎで有名なサバサンドの屋台さえ出ていなかったように思うし
フェリーに乗ろう♪とはとても思えない寒さでした。

で2009年の冬にリベンジ。

まずは念願のサバサンド。
お味はいたって想像通りで、「焼いたサバをパンに挟むとこうなる」という代物ですが
食べることが出来たという事実に大満足です。

それからフェリーに乗ってヨーロッパ側(エミノニュ)からアジア側へ。

取りあえず、一番短時間で到着するユスキュタルへ行ってみました。
istanbul-25
船着き場は人がとても多く賑やかです。

istanbul-26
アジア側は庶民の生活の場という感じです。

しばらく散策してまたヨーロッパ側へ。
istanbul-23 istanbul-28
海辺ギリギリに立つ白い建物はドルマバフチェ宮殿です。
内部はこの写真の感じより遥かに豪華で広いです。

カバタシュの船着き場に着くと、駅まで歩いてフニキュレルと呼ばれる地下ケーブルカーに乗ります。
新市街の中心タクシム広場までのわずか1区間、距離にして1キロ弱程度と思われますが
ここはとにかく坂が急で、道も入り組んでいるので乗るべき。
(前回旅行時、私達は道がわからず歩きまくって随分と時間のロスをしました。)

タクシム広場からはメインストリートのイスティラク通りをぶらぶら。
ここが、平日の昼間にも関わらず驚くほどの人の波。
どの路地を行ってもギッシリ店が立ち並び、人も沢山。

そういえば旧市街の観光地スルタンアフメットでも、
どこからどう見ても現地人な男性がたっくさん歩いてました。

人が大勢いるのは活気がある光景で良いのですが、なんかとっても不思議でした。

スポンサーサイト
2009イスタンブール | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
おはようございます
おはようございますv-291
ブロとも←こちらからも是非お願いしますv-421


サバサンド 焼いたサバをパンに・・・・・
想像できないっ(悲) でも こういう考えられない組み合わせが
凄く美味しかったりするんですよね
何処の土地だったかパンに沢庵入れてるのが地元で凄く売れてるって
聞いたことがありますよ


小さいころから海沿いで育ったせいか船着場だとか波止場とか大好きで
特に外国の港はいいですね
フランスパンなんか抱えて船着場の市場でシーフードなどお買い物・・
↑ん~こんな暮らしがしてみたいっ
格安食パン抱えてレジにダッシュ!
↑ん~これが現実かぁ~ (泣) 
No title
サバサンドは、トルコの旅番組で芸能人がこれを食べていて
「おいしいー!!!」と絶叫してたんです。
そういうのを何度か見てたんで絶対食べたーい!と^^

焼いたサバ・・・
おろしてパックに入って売ってるサバがありますよね。
あれって煮込むか、焼くかだと思うんですけど、
焼く場合は、魚焼きグリルでそのまま焼いて
ちょっとお醤油たらして食べるでしょ。
そのお醤油垂らす前の状態の焼きたて脂ジュージュー状態のをパンにはさむんですよ。
激ウマじゃないですけど、普通に美味しかったです^^

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。